« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

キンミソン先生のワークショップ♪

アンニョンハセヨ。

今日は頑張って、ブログ2つUPですo(*^▽^*)o

(・・・忘れないうちに・・・

9月連休中に、韓国からキンミソン先生がお越しになりました。

ソンサルプリ&トンチョスゴンチュム ワークショップの為です。

韓国では秋夕(チュソク)の休みでしたが、わざわざワークショップの為に、

来て頂きました。

キンミソン先生、정말 감사합니다. 本当にありがとうございます

私はトンチョスゴンチュムのみ参加でした。

前回は、踊りの順序を覚えることに重点が置かれましたが、

今回は踊りの動作、足の運びなど細かい部分に重きを置いて学びました。

かなり自分本位に踊っていたので、「ああ、そうだったのか!」と

発見する部分がとても多かったです。

足を見せて、とても細かく丁寧に教えて下さいました。

違う先生に習うと、また違う発見があります。

先生によって、稽古場にはその先生独自の雰囲気、空気感が生まれます。

でも共通している教えもあります。

「音楽をよく聞くこと。」キンミソン先生がおっしゃいましたが、

これは、趙寿玉先生にも普段からよく言われていることです。

そして、「伝統音楽をたくさん聞くこと。」も。

K-POPはたくさん聞いて、PVもたくさん見てるんですけどねぇ~

もっと、伝統音楽に触れないと、体に染み込ませないといけないんですね・・・

違う先生に習っても、やっぱり反省・反省なのでした・・・

練習前の歓談・・・いえいえ、打ち合わせ?中です

2

少人数に分かれて、おさらい中です。

まずは、趙寿玉先生グループ!

1

スゴン(手ぬぐい)を持って、踊ります。

4

座った態勢で踊るのが、また大変なんです~

5

WSが終わって、キンミソン先生&趙寿玉先生と一緒に、

キ・ム・チ~~~

6

メンバーが変わって、更にもう一枚

Img_0856

キンミソン先生、皆さん、お疲れ様でした~o(*^▽^*)o

T.K (*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポソンバルのチマ(スカート)

アンニョンハセヨ。

今回の発表会、写真を撮る時間も余裕もなかったので・・・

家で、パシャリと撮りました。

Photo

今回の発表会で、とても好きな演目で着用しました。

“ポソンバル”のチマ(スカート)です。

腰の部分はキラキラプリントが入った生地と切り替えになっています。

上は黒のTシャツを着て、全体を黒でまとめました。皆でお揃いです。

イ・ソユン先生のデザインで、先生の工房で作って頂きました。

一見とってもシックなんですが、光の加減でキラキラするんです。

客席からはどう見えたでしょうか・・・?

普段、本番の演目を中級のオンニ達と一緒に踊るチャンスはなかなか無いんですが、この演目は、中級&初級、新旧メンバー一緒に踊りました。

オンニ達&みんなと踊れるので、とっても嬉しかったです

(だからよけいに失敗しちゃいけない~という緊張感もありましたが~~

発表会が終わって、また綺麗にアイロンを掛けました。

今回の発表会で生まれた宝物の一つです。

T.K (*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発表会が無事に終わりました〜♪

発表会、無事に終わりました♪

発表会で燃え尽きて、一週間ほど灰になっていたので、
ブログUPが遅れました。^_^;

発表会練習は、今年に入ってから徐々に始まりましたが、
練習量がグン!増えたのが夏からだったこともあり、
長い夏が終わったんだな〜という感があります。
甲子園球児の夏〜みたいな。(⌒-⌒; )

家庭のこと、仕事のこと、体の不調、心にある様々な思いや悩みを抱えながら、
みんな頑張って来ました!!
最後、とーーーってもいい笑顔でしたよぉ。。・°°・(>_<)・°°・。涙、涙。

発表会に出なくても、裏方として強力にバックアップしてくれた
チュムパンの会メンバー&関係者の皆様、ありがとうございました。
時に厳しく、でも暖かい眼差しは、とても励みになりました。
休み返上で駆けつけてくれて、手伝ってくれるその姿に胸が熱くなりました。

そして、歌と音楽で私たちを盛り上げて下さったイヒムン先生&楽師の皆様。
踊っている私たちには、応援歌であり、自らを奮い立たせてくれる力強い歌とリズムでした。
とても助けて頂きました。
また、今回の発表会を一緒に完成させて下さった舞台会場スタッフの皆様。
こうして一つの舞台は作り上げられていくのだと知りました。
出演者だけでは舞台は出来ない、、、、当たり前のことなのに、
今まで自分が見てきた数々の舞台の裏でどれだけのスタッフが汗を流していたのだろうか、、、
ということに、気づかされました。

そして、趙寿玉先生。
先生にしてみれば、自分踊った方が遥かに楽だったと思います。
教え通りに動けない姿に、何度も何度も歯がゆくて、
苦しい思いをされたのではないでしょうか。
何度も何度も繰り返し振りを教えて下さる姿、
そしてそれが出来ない自分に、申し訳ない気持ちと不甲斐ないなさで涙が込み上げました。
この長い期間、いつもと変わらず、いえ、いつも以上の熱意を持って
教えて下さったことに本当に感謝致します。
先生の直球愛情ボールをばっちりキャッチ出来るよう、これからも頑張ります!ファイティーン!

最後に連休中日、しかも台風上陸という悪天候の中、
会場に足を運んで下さったお客様、お一人お一人に感謝の気持ちをお伝えしたいです。
舞踊はやはり見て下さる方がいて始めて成り立つのだと思います。
勿論一人で、誰もいなくても踊りは踊れますが、
やはり自分を表現したい、誰かに何かを伝えたいから、
自分の舞踊を見て何かを感じて欲しいから、踊るんだと思います。
出演したみんなもそれぞれ伝えたい思いを胸に一生懸命踊ったと思います。
今回の発表会を通して、「踊りを踊る」ことについて、色々考えました。
ちょっと哲学っぽいですね。
でも考え始めると、結構壮大な世界観、、、
発表会でお客様の前で踊ったとき、
少しですが、踊ることの意味を見出せた気がします。
一つ一つの練習を大切に、真摯に精進していきたいと思います。

個人的にも非常に多くの方にお世話になり、支えて頂きました。
練習は本当に辛いけれど、今こうして踊っていられることは
とても幸せで、恵まれていることなのだと気づきました。
少しでも舞踊が上達することが恩返しだと思って頑張ります。
정말 감사합니다!
どうもありがとうございます!

さー!明日も練習だー!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

T.K (*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国舞踊のヘアスタイル♪

アンニョンハセヨ~

8日の日曜日に、最後の合同練習をしました

次はいよいよ14日リハーサル&15日本番です。

衣装を着て、全体の流れを再度確認しました。

皆が本番衣装を着ているところ・・・

ハイ、また撮れませんでした・・・スミマセン・・・_| ̄|○

着替えや髪型のセットをしたり、仲間の着替えを手伝ったり・・・で

バタバタした挙句、練習が終わって普段着に着替え終わって放心状態の時に、

「あ・・・ブログの写真・・・」と気づいたのでした。

これはもう、本番衣装のブログUPは、本番までのお楽しみということで!(←逃げた・・・

日曜日は髪型も大まかですが、セットしました

まず前髪は上げて、真ん中分け(※カリマ)を作って、後ろに流します。

横の髪も後ろに流し、きっちり後ろで一つに結びます。

結んだところに、髷(※チョック)の付け毛を付けて、簪(※ピニョ)を挿して、

地毛は髷に巻きつけます。地毛が長い場合は三つ編みにしておきます。

文字で書くと、あっさりしてますが、実際はこのセットが大変なんです~

まず、真ん中が決まらない・・・

普段、真ん中分けをしていないので、髪に癖がついてないんですよね。

なので、出来れば前日髪を洗ってから、なるべく真ん中に癖をつけて乾かしておきます。

これにセットする際、スーパーハードジェルをたーーーーっぷり髪先にまでつけてとかし、

後で地毛が浮いてこないように、ガチガチに固めないといけません。

又、髷があまり上にくると変なので、頭の下のほうで結びますが、

なかなか自分ではきっちり結べない位置なのです。

なので、大体先輩や仲間にやってもらいます。

正直、最初はこの髪型がしっくりこなくて、

髪を全部あげて、顔がばっちり見えるのが苦手だったのですが、

韓服を着てみると・・・やっぱりこの髪型がBESTなんですよねぇ。

チマ(スカート)にボリュームがあるからでしょうか。

髪型はコンパクトな方が、すっきりと、凛として見えるんですよね。

かなりきっちり結んでもらうので、身が引き締まる気がするのも

韓服の着こなしに影響しているんだと思います。

最近では韓国時代劇を見る度に、カリマばかりに目がいってしまって・・・

美しいカリマが出てくると、ストーリーそっちのけで、思わず見入ってしまいます。

頭に飾りをつけていると、結構重いし、付けた個所が重みで痛かったりするので、

「うう・・・頭痛いんじゃないかなぁ~」なんて、気になったりします。

舞台の簪まで、客席からは見えづらいとは思いますが、

皆さまざまなデザインの美しい簪を付けて踊っています。

いつか、これ!という簪を1本でいいので、欲しいなぁ~と思っていますが、

先生のお話だと、韓服のデザインによって、違うデザインを何本も欲しくなってしまうそうです。

・・・よくわかります・・・そのお気持ち・・・

髪飾りって、いくつあっても欲しくなるし、見ているだけで幸せな気分になれるんですよね。

私がお借りする簪は、チュムパンで代々皆が使ってきた簪です。

舞台の緊張と興奮を一緒に感じてきたんだろうなぁ~と思います。

私達の頑張り、プラス、簪にこもった先輩達の頑張り・・・簪にも想いがこもっていくような気がします。

チュムパンの絆で、発表会を盛り上げたいと思います。

※髪の分け目  : カリマ 가리마

 髷(まげ)  :    チョック   

          後ろで束ねてかんざしを挿すようにした髷

    簪(かんざし): ピニョ    비녀

T.K (*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公演のご案内 静と動 -韓国伝統音楽と舞踊-

アンニョンハセヨ

このところ、発表会関連の内容が多かったブログですが、

今日は趙寿玉先生の公演のご案内です。

公演の詳細です。

静と動 -韓国伝統音楽と舞踊-
2013年10月26日(土) 開場13:30 開演14:00 料金¥2,000
会場:洗足学園音楽大学 シルバーマウンテン地下1F
出演:張理香、李昌燮、趙寿玉
企画:山本華子
チケット申し込み・お問い合わせ:
静と動事務局 Hp:070-6479-2414  seitodou2013@willcom.com
公演タイトルが素敵ですね。
”静と動”
踊っている時、この二つを表現出来たら・・・と思いますが、
なかなか思うように行きません。
私の場合は”静 or 動”になっちゃいます~

公演は10月です。

この暑さも終わって、過ごしやすくなっている頃だと思います。

是非、公演に足を運んで、目と耳と心で、”静と動”を感じてみてください。
T.K (*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日韓文化交流カレンダーに掲載されました♪

公益財団法人 日韓文化交流基金ホームページ内にあります、

“日韓文化交流カレンダー”に発表会開催のご案内を掲載して頂きました

公益財団法人 日韓文化交流基金は、

日韓両国民間の文化交流を強化し、相互理解と信頼関係を築くことを目的に、

198312月に設立されました。

以来、両国民間の人的交流及び学術・文化交流を深めるための事業を実施しています。

(日韓文化交流基金ホームページ冒頭のご挨拶から抜粋させて頂きました。)

こちらのホームページでは、日韓交流事業のご案内・事業報告の掲載をしています。

又、日韓文化交流カレンダーでは

全国で開催されるイベントのご案内が掲載されています。

趙寿玉チュムパン発表会「ウリドゥレチュム」も

舞台イベントとして、掲載して頂きました。

掲載に際しまして、色々ご手配・ご協力頂きましたF様、

どうもありがとうございました。

カレンダーを見てみると、全国で多様な日韓交流イベントが開催されているんですね。

私も舞踊を通して、韓国の文化に触れる者・関わる者として、

とても嬉しくなりました。

私達の発表会も・・・ですが、他の多くのイベントにも、たくさんの方が足を運んで、

文化交流を続けていければ、より良い関係・絆を結ぶことができると信じています。

個人的には、手工芸がとても好きなので、

柳宗理の見てきたもの」に心が惹かれました。

作った人の姿が、そこに見えるような、手のぬくもりが残っているものが好きです。

下記にサイトのURLを載せますね。

是非、ホームページを訪問して下さい。

こうしてカレンダーにまで載せて頂いたのですから、

発表会まで残りわずかな日数ですが、

頑張って練習せねば!と改めて気合いが入ります。

日韓文化交流基金 http://www.jkcf.or.jp
日韓文化交流カレンダー http://www.jkcf.or.jp/calendar
日韓文化交流基金 Twitter http://twitter.com/JKCF

T.K (*゚ー゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »