« One Day Festival 2014 in Tokyo | トップページ | 宮崎節子 韓国舞踊リサイタルのお知らせ »

One Day Festival 2014 in Tokyoの公演観劇リポート

7月12日 One Day Festival 2014 in Tokyoの公演がR’s Art Courtであり、趙寿玉先生が出演されました。
その時の様子と感想を今回報告します。



公演のチラシ

チラシには、7月12日に韓国・中国・日本三ヶ国各都市、150公演を同時開催するプロジェクトだそうで、“舞台と客席”“国と国”の間にボーダーはないというコンセプトの元、開催された公演でした。このチラシには可愛いイラストがあって、韓国で同公演をした時に、観に来ていた7才の少女が書いたそうです。私たち大人は何とか言葉で公演の感動を伝えようとしますが、イラストで表現した少女の感性と才能が溢れ出ています。何より出演者に言葉以上の最高の賛辞だと思います。公演を観る前から、少女のイラストをみて、想像を膨らましていました。

出演者は各界で活躍された方々ばかりで、今回の公演がなければ共演する機会がなかったはずなので、贅沢な時間を過ごさせていただきました。
特に今回は韓国からノルムマチという韓国伝統音楽の独創的な音楽語法に基づいて「現代における伝統音楽」を追求する芸術団の代表の方が来日されていました。
趙寿玉先生が踊られたサルプリは、ノルムマチと伽倻琴での演奏で、いつも聴いている演奏と違いました。これは先生や先輩にお話を聞かないといけないのですが、先生のサルプリもいつもと違った雰囲気を醸し出していた印象です。
舞台と観客席が近いこともありますが、登場された先生がスラッとして凛々しく素敵な立ち姿で、段々舞いが進むうちに先生の呼吸と演奏、そして観ている観客が一体となった瞬間があって、先生がステップを踏むたびに観ている私も踊っているような錯覚がありました。どんな踊りにも共通すると思いますが、表現の仕方は一つじゃないのですね。しばし先生の舞いに今回も惹き込まれました

またノルムマチにピリやテピョンソが加わると自然と気持ちが浮き浮きするのと、どこか懐かしい、故郷を思わせる音色でした。座っているあちこちから手拍子や体を動かしている人がいて、これが今回の公演のコンセプトの一つである“舞台と客席”の間にボーダーがなくなった時だと感じました。

今回の公演を通して観客を惹き付けるパフォーマンスの大切さを見た気がします。いつも芸術とは無縁の私ですが、出演者の方々の最高のパフォーマンスに酔いしれ、あっという間の2時間でした。

R.Y^_^

|

« One Day Festival 2014 in Tokyo | トップページ | 宮崎節子 韓国舞踊リサイタルのお知らせ »

趙寿玉先生の公演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: One Day Festival 2014 in Tokyoの公演観劇リポート:

« One Day Festival 2014 in Tokyo | トップページ | 宮崎節子 韓国舞踊リサイタルのお知らせ »