« オペラ「春香」公演観劇リポート | トップページ | One Day Festival 2014 in Tokyoの公演観劇リポート »

One Day Festival 2014 in Tokyo

梅雨にも負けず、6月7月は公演が続いております

またしても直前ですが、すてきな公演のおしらせです。

2014年 7月12日(土)R’s Art Court(労音大久保会館)で行われる
One Day Festival 2014 in Tokyo
に趙寿玉先生が出演されます。

昨年ソウルで大評判だった公演が、場所を東京に移して、ついに行われます。
ソウルまで行けない・・・と涙を飲んだみなさま、是非このチャンスをお見逃しなく。


公演の見所(聴き所?)を、チラシから抜粋して紹介させていただきます。
本公演は、韓国ソウル在住の音楽家パクチャンス氏の呼びかけの下、2014年7月12日に韓国・中国・日本の三カ国各都市で150公演を同時開催するプロジェクトです。
本フェスティバルの重要なコンセプトは、"舞台と客席””国と国”の間にボーダー(境界)はない。というものです。
三カ国の観客すべてが同じ日、同じ時刻に特別な経験を共有し、相互に演奏者を交換しながら理解を深め、韓国・中国・日本の新たな文化交流のありようを模索していく試みです。
 
本東京公演では、韓国から2005年公開以来230万人を動員した大ヒット映画「王の男」の音楽を担当して俄然注目された金株弘のノルムマチと伝統音楽の世界で将来を属目されながら一点にとどまらず挑戦を続ける新進気鋭の音楽家・郭宰赫氏を迎えて音楽における「伝統」と「現代」の境界を跳び越えた興奮と1夜限りの饗宴をお届けします。




すばらしい一夜になりそうですね。
これは見逃せません。


いまや韓国のみならず、世界をまたにかけて活躍する金株弘氏の魅惑の(?)チャンゴで、趙寿玉先生が、どのように踊られるのか・・・。
いや、ほんとに、見逃せません。

興味をもたれた方は、↓をご確認の上、ご連絡を。


2014年 7月12日(土) 18時開場 19時開演 
One Day Festival 2014 in Tokyo
場所:R’s Art Court(労音大久保会館)
東京都新宿区大久保1-9-10 JR新大久保駅下車徒歩8分
電話:03-5273-0806
会費:前売3,500円 当日4,000円
出演:原田依幸(ピアノ)、杵屋三七郎(三味線)、ノルムマチ金株弘(チャング、ケンガリ)さんなど、張理香(カヤグム)、趙寿玉、他の皆さん
その他・お問合せ 林鮮玉090-6312-7156
Email: chumpan0530あっとezweb.ne.jp



KM

|

« オペラ「春香」公演観劇リポート | トップページ | One Day Festival 2014 in Tokyoの公演観劇リポート »

趙寿玉先生の公演」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: One Day Festival 2014 in Tokyo:

« オペラ「春香」公演観劇リポート | トップページ | One Day Festival 2014 in Tokyoの公演観劇リポート »