« ワークショップ2日目 | トップページ | 2014年 おさらい会 »

ワークショップ3日目

ワークショップ最終日です。泣いても笑っても今日が最後気合をいれて臨みたいと思っていたのですが、足が痛い。膝にふくらはぎに腿と、これって筋肉痛ですよね。頑張った結果と思いますが、せめてこのワークショップが終わるまで痛くないとよかったのにと恨めしくなりました。ただ会場に行くと、参加者みんなが、筋肉痛だったのでホッとしました

今日は昨日で振り付けが終わっていたので、最初に振りの確認の時間があって、その後に、二班に別れてそれぞれ踊りました。こうして踊り込んで行くと、次に来るのが、何か変なところが気になります。陳監督も、特に気をつけて踊って欲しいところなどを重点的にピックアップして何度も教えてくださいました。その頃には不覚にも疲れが出てきて、気力との勝負になりましたが、周りからも辛いとか、疲れた、出来ないとつぶやきが聞こえました。

今日も陳監督は踊りの合間に貴重なお話も沢山してくださいました。
監督からあと1回づつ踊りましょうと言われたときは疲れも大分来ていましたが、時間の早さにビックリしました。今回のワークショップの特徴なのですが、それぞれの班で踊るときに、見ている側が、次の振りを言ったり、チャンダンを言ったり、励ましの言葉が出るのです。このせいか一致団結している意識が凄くして、仲間との距離が縮まったように思います

打ち上げでは陳監督のお話とそれぞれ持ち寄った料理に舌鼓をうち、夜遅くまで語り合いました。みんな疲れてもこのワークショップを通して、私は家族といるような温かい気持ちになりました。

陳監督や通訳をずっとしていただいた奥様、そして、今回このワークショップを開催してくださった趙寿玉先生に本当に感謝です。

名残り惜しい。だからこそ、今回のワークショップで教えていただいた踊りはこれからみんなで練習していい作品にしたいと思います。みんなファイティン

R.Y

最後にY.Wさんの打ち上げの画像ですありがとうございます。







|

« ワークショップ2日目 | トップページ | 2014年 おさらい会 »

韓国舞踊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワークショップ3日目:

« ワークショップ2日目 | トップページ | 2014年 おさらい会 »