« イ・ソユン韓服 ファションショーin大阪:リポート② | トップページ | 滅紫月:観劇リポート »

イ・ソユン韓服 ファションショーin大阪:リポート①

11月に入って三連休の初日に、大阪の天王寺にあるあべのハルカスでイ・ソユン先生の韓服ファションショーが行われました。そこに我らが趙寿玉先生と林鮮玉オンニがご出演されました。私、お稽古を横に置いて大阪に行って来ました

イ・ソユン先生は東京でも韓服のファションショーをされてらっしゃいますが、その時は表舞台をみささていただきました。今回は早目に行ったのを口実に舞台裏をちゃっかりお邪魔

当たり前と言えばそうなのですが、モデルさんが皆背が高く、顔は小さい手足は長い!私だけ何処か違う星から来た気分がしました。そして何より若い!下手をすると私はオンマの年頃!段々オンマの気持ちになって見守るようになっていました。リハーサルも何度もあり、プロの集団ではないので、ウォーキングもぎこちなかったり、場所の確認で顔の固い子もいたりして、ついついオンマの気分で見ながら独り応援の旗を振ってました。

リハーサルは何度もでしたが、その度に趙寿玉先生の舞う場所が調整されたり、イ・ソユン先生から指示が出され、即興に近い踊りを要求されていました。しかし、そこは趙寿玉先生、動じる様子もなく、さすがと感嘆の溜息が出ました。オープニングでは僧舞の衣装の袖が、天空に舞う姿は是非観ていただきたかったです。言葉では言い表せません。

舞台裏は凄いものであっという間に来場者の方が入る時間となり、気づけばモデルの人達も衣装を着けていました。先程のあどけさは何処にやら、堂々としてビックリしました。
本番は残念ながら観客席からはみれませんでしたが、舞、モデル、歌、音楽と幾重にも重なりながら繰り広げられる約1時間はあっという間でした。異次元に行くってこのことなんだなと思いました。

今回のファションショーは300人定員に対して700人以上の応募があったそうです。
久々の大阪に三連休の初日に至福の時間を過ごさせていただきました

R.Y

|

« イ・ソユン韓服 ファションショーin大阪:リポート② | トップページ | 滅紫月:観劇リポート »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イ・ソユン韓服 ファションショーin大阪:リポート①:

« イ・ソユン韓服 ファションショーin大阪:リポート② | トップページ | 滅紫月:観劇リポート »