« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

趙寿玉公演「墨香」のお知らせ

本日はホームページでは既にお知らせしています。
趙寿玉先生の公演のお知らせをさせていただきます^_^

韓国伝統舞踊・音楽公演 墨香【검은향/コムンヒャン】
日時:2016年4月15日(金)19時開演、4月16日(土)17時開演
場所: 南青山 銕仙会能楽堂
チケット:S席前売6000円・当日6500円 / A席前売5500円・当日6000円

演目:
15日(金)
1 僧舞
2 正歌
3 鶴舞
4 太平舞
5 器楽合奏
6 ミンサルプリ

16日(土)
1 剣舞
2 霊山之相・上霊山
3 ミンサルプリ
4 教房クッコリ
5 独奏
6 李梅芳流サルプリ舞








韓国からは楽士をお迎えします。特に重要無形文化財第5号パンソリ鼓法保有者 人間文化財でいらっしゃる金清満先生が音楽監督・長鼓をご担当されます。金清満先生の包み込むような演奏の中、趙寿玉先生の織り成す舞を是非ご覧ください。この機会を逃すと次はいつになるか分かりません。本当です

ただし、S席はご好評につき完売しています。ごめんなさい。まだ若干A席があります。ご興味のある方は直ぐにでも以下の電話番号がメールアドレスにお寄せください。

チケット申し込み、問い合わせ先:
電話 090-6312-7156
Eメール hamdonchongol@i.softbank.jp /komunhyang@gmail.com

よろしくお願いいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワークショップの報告^_^

今日は2月5日〜7日まで行われましたワークショップの報告をします^_^

韓国から金美善先生をお招きして、박금슬(パク クムスル)流基本と剣舞、ミンサルプリのワークショップが行われました。
박금슬流基本は、金美善先生が韓国でご指導される中でされていらっしゃる基本動作です。体幹を鍛えられるとのこと。また丹田の使い方も学べるとあって、このワークショップの企画が出た時から、いつも体がグラグラしている私は期待に胸を膨らませていました。
時間としては3分ちょっとなのですが、美善先生の教えの通りしようとすると、ものすごくしんどい基本なのです短いものなので順番も割とすぐに覚えられるのですが、一つひとつの動作に意味があるので、これを意識すると正直、動けなくなるくらいです。ただこの基本動作にだけ意味があるのではなく、普段からお稽古でも意味があるのに、気づいてないだけなのも今回、今更のように気付き、、💦趙寿玉先生、こんな私ですみませんと反省しています。
パク クムスル先生が作られた基本で、オリジナルは10分近くあるそうです。ワークショップに参加しただけなのに、体中が筋肉痛となっています。でもやり続けたら、フラフラ、グラグラせず、丹田の使い方も分かるようになるかもと、見違える自分を想像して、これからのお稽古が楽しみです

また剣舞は昨年のワークショップで習った舞ですが、今回はさらに細部までご指導いただきました。今すぐには勿論できないことばかりでしたが、美善先生のお考えや韓国舞踊を踊る心の在り方など、貴重なお話を沢山聞くことが出来たことが宝となりました。

ワークショップは技を磨く場と思うと、全く歯が立たなく、虚しい気分になるばかりですが、貴重なお話を自分の心に留め置き、日々のお稽古で熟成させて理解と実践に意味があると思ってます

基本練習では、一年間韓国に舞踊留学したR.Uちゃんに、彼女が学んで得た中での教えも披露してくれました。今回、ワークショップに悲しくも仕事で参加の出来なくて、かなりいじけていたのですが、彼女は予定より早い時間から来て、マンツーマンで教えてくれました。本当にありがとうまた、オンニ、初級のみんなも代わる代わる戸惑っている私に丁寧に教えてくれるのです。チュムパンのみんなは本当に優しく面倒見のいい人ばかりなのです。

ミンサルプリは不参加の私から報告が出来ないので、練習風景をアップさせていただきます。S.Tさんから画像をいただきました。随分振りも変わったと聞いています。いつか踊りたい憧れのミンサルプリを踊られる趙寿玉先生、先輩のオンニ達の踊られる姿を見れる機会がある事を楽しみにしています。

最後に金美善先生にはお忙しい中、ご指導いただき、ありがとうございました。次回お会いする日に少しでも成長したいものです。また練習に励みます
いつもですが、このような機会を作ってくださる趙寿玉先生に感謝いたします。趙寿玉先生の誰よりも真剣なお姿は私達も頑張ろうと身の引き締まることです。
ありがとうございました。



ミンサルプリのお稽古風景

R.Y

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年3月 »