« ギャラリー羅山 in 韓国伝統舞会 | トップページ | 【お知らせ】おさらい会のお知らせ(12/9 新宿区) »

長野・安曇野公演 雑感

久々のhyangです。

RIKAさんがすでにアップしていますが、9月23日(日)骨董ギャラリー「羅山」(長野県・安曇野)での公演について、写真と感想を少し。

「羅山」は李朝骨董を専門としたアンティーク・ギャラリー。

チュムパンの生徒と縁があり、昨年から公演を企画していただいています。

Kaijo_2
ギャラリーの庭に設置された舞台。お天気にも恵まれました


「羅山」での公演は昨年に続き2回目。今年は趙寿玉先生も加わり、さらに力の入った舞台となりました。

最初の演目はチュムパン名物「五方舞」。

Oban

韓国舞踊は踊り手はもちろん、観客の集中力も求められます。照明をフルに活用できる屋内ホールとは異なり、屋外舞台では何が起こるかわかりません。
そんな心配をしながら舞台を見つめていましたが、BGM冒頭のチン(銅鑼のような韓国の楽器)の「ボーン」と低く重厚感のある音が響いた瞬間、自然の中の澄んだ空気も、バックに見える白馬山も舞台と一体化し、自然のパノラマがそのまま舞台背景と化しました。

Oban3_2

Oban4_3


出演した3人も風や木々や小鳥のさえずりとともに自然界の一部となり、陰陽五行の世界観を自然界の中で見せつけてくれました。

続いては「李梅芳流・サルプリ舞」

Sal

白一色の韓服を身にまとい、静かになおかつ抑制された力を表すサルプリ。
華やかな五方舞から、一気に緊張感が増します。

Sal3

空を舞うスゴン(ショール)が会場の空気を包み込み濃縮させます。

次は長鼓舞。
Chan1

Chan2

観客席から登場する踊り手が場を盛り上げていきます。

Chan3

チャンゴの音色が響き渡ると、白馬山が音に呼応するかのような錯覚に陥りました。

興が乗じるチュンジュンモリでは、見る側も無意識に身体が動きます。

そして公演のクライマックスは趙寿玉先生の「昇天舞」。

Sun2_2

天に昇る魂を弔い慰める舞とされていますが、踊りの意味を越えて万物の精霊を呼び集めるようなパワーを感じます。

手に持つ大幣が舞の名の通り、そのまま安曇野の高くて青い空につながっていくようでした。

Sun3_2

Sun4_2

Sun5_2



そしてフィナーレの小鼓舞(ソゴチュム)。 お客様たちの乗りがとてもよく、出演者たちも楽しく踊れました。

Sogo
安曇野の美しい自然と舞踊の最高のコラボレーションが実現したのではないでしょうか。


カフェでの振る舞われた煎茶も好評でした。
   
Cha

「羅山」には韓国ランチを楽しめるカフェと骨董を扱ったギャラリーがあります。

チュムパンの会報で店主の羅点柱さんのお話を掲載していますので、ご興味のある方はぜひ読んでみてください。

↓3ページ目

http://www.chosoook.com/index/chumupanno_hui_hui_bao_files/No49.pdf

|

« ギャラリー羅山 in 韓国伝統舞会 | トップページ | 【お知らせ】おさらい会のお知らせ(12/9 新宿区) »

韓国舞踊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野・安曇野公演 雑感:

« ギャラリー羅山 in 韓国伝統舞会 | トップページ | 【お知らせ】おさらい会のお知らせ(12/9 新宿区) »