趙寿玉先生の公演

【公演】韓国伝統舞踊会 2018年9月23日 安曇野市

公演のご案内です。

自然から生まれた伝統舞踊

「韓国伝統舞踊会」

2018年9月23日(日) 14時開演

チケット:4,000円(ランチ込み)

【茶会】10時~(先着15名、500円)
【ランチ】12時~

【出演】趙寿玉先生、中級クラス
【演目】五方舞、サルプリ、キナリチャンゴ舞、昇天舞

【会場】ギャラリー「羅山」
住所:長野県安曇野市穂高有明8193-3
電話:0263-50-6822
長野自動車道・安曇野ICより15分
JR穂高駅より車20分

Nagano

ぜひお越しくださいませ。
Yunote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【公演】いのち、生きる、いのり 2018年10月26日 下北沢

趙寿玉先生ご出演のご案内です。

 
日韓最高の音と踊りの響き
「いのち、生きる、いのり」
 
2018年10月26日(金)
開場:午後7時、開演:午後7時30分
会場:北沢タウンホール(下北沢駅 北口 徒歩5分)
 
料金:前売 6,000円、当日 7,000円(全席自由)
お問合せ:hana@jK-channel.com
電話:03-3376-2471(事務局)
主催:Japan Korea Channel 実行委員会
後援:駐日韓国大使館 韓国文化院
 
イープラスにて発売中
 
Img6385
 
Img6383
 
ぜひお越しくださいませ。
Yunote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕に恋文に鎮魂の祈りと共に

曇りの日の七夕は織姫と彦星は会えるのでしょうか?今年は微妙な天気でした。
七夕の日にギャラリー水・土・木で佐藤省展 水の庭 ー夏の果実を想像するの展示が開催されました。「祈り」と題して、舞 趙寿玉先生、小鼓 盧慶順先生によるオープニングセレモニーがありました。

この度先生が舞われた作品は、手漉紙造形作家の五十嵐美智子氏の千束の恋文を中心に佐藤省氏のプロデュースした天井からの水に見立てたレース編みが幾多も流れる場でした。

小鼓の演奏が始まり、異空間の世界の幕開けから、白い唐衣を着た先生が静かに登場して始まりました。千束の恋文は叶わぬ恋が綴られており、先生の舞により、鎮魂されていくようでした。唐衣は宮廷で着られた韓服ですが、優雅さもありつつ、ポソンが紡ぐ足捌き、先生の付けられた赤い鈴の音が踊る静かな舞の中に響き、レース編みに見立てた水のあちこちを舞う中でその場が正しく異空間でした。

作品の一部をご覧ください。




オープニングセレモニーの後


作品のお話や舞の話と観客からも多くの質問が寄せられ、時間の経つのも忘れるほどでした。
この恋文には続きがあって、熱い思いが蝶の化身となったそうですが、先生の舞姿を庭先からヒラヒラと見るように蝶が舞っていました。いつの世にも悲恋はありますが、スゴンに見立てた手漉紙が所狭しと振る先生の姿を見ながら、心が洗われるようでした。
帰る道道、曇りでも織姫と彦星はきっと逢えたに違いないと清々しい気持ちになりました。

最後に今回観た人々から、次の期待がたくさん寄せられました。私も切に願い、短冊に願いを込めました。

R.Y🍀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【出演情報】7月7日 佐藤 省展 水の庭(練馬区)

趙寿玉先生が佐藤省さんの個展のオープニングセレモニーに出られます。
 
佐藤 省展 水の庭
-夏の果実を想像する
201876日(金)~714日(土)
12001800
 
7月7月(土)16:00~
オープニングセレモニー「祈り」
出演:趙寿玉(舞) 盧慶順(小鼓)
場所:ギャラリー水・土・木 -みず・と・き-
176-0004 東京都練馬区小竹町1-44-1
西武池袋線「江古田駅」より徒歩7
東京メトロ有楽町線「小竹向原駅」より徒歩11
 
Yunote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャラリーハン ハンを楽しむ

こんにちはhappy01梅雨に入る前の貴重な晴れの日に山梨にあるギャラリーハンで先生の舞の会がありました。



ギャラリーハンの周りにはオンギという壺が沢山あります。




6月1日金曜と平日にも関わらず、時間になると、多くの人が集まりました。
最初に朴信江オンニの鶴舞に始まり、鶴が古民家のギャラリーに舞い下りたようでした。続いて朴善英氏によるコムンゴ演奏に韓国を感じ、林鮮玉オンニのミンサルプリでは、挨拶から入る踊り出しに観る人に凛とした心と踊り手の心も舞に感じました。そして趙寿玉先生の教房クッコリ舞が始まりました。先生がソゴを舞台となる床に置いて後ろにスッと立った瞬間に観客から期待の気持ちが溢れ、次々に繰り広げられる舞に引き込まれました。最後に
李昌燮先生のサムルノリのあっという間の会でした。

今回、MオンニとYオンニ、そしてFちゃんと観に行きました。新宿から電車とタクシーで3時間弱、オンギと自然を散策し、ギャラリーハンでは、会の始まる前に蓮茶を飲みました。これがまたホッとしました。



会の終わった後にYオンニが、先日の舞台での公演とは、全然違って、同じ踊りでもこんなにも違いがあるのは感慨深いと仰ってました。
舞台と違って古民家で踊るのはリスクもあると思います。でも住空間が異空間になる不思議な感覚は観る人も異空間に入って行くからなのでしょうか、舞人の気も知らず、次もつい期待してしまいます。
その日夜も更けて新宿に帰って来て、現実に戻った不思議な気分でした。



出演者揃っての写真です。この後、来場者の方々による撮影会がずっと続きました。

R.Y🍀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【公演予定】2018年6月1日 ギャラリー韓(山梨県)

趙寿玉先生の公演情報です。

 

2018年6月1日(金)

場所:ギャラリー韓

住所:山梨県南巨摩郡増穂町平林2397

時間:14時~(予定)

出演・演目:趙寿玉先生・教房クッコリ舞、林鮮玉さん・ミンサルプリ、朴信江さん・鶴舞

直前のお知らせとなりましたが、ぜひお越しください。

Yunote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【出演情報】2018年5月22日 朝日文化交流(東京都千代田区)

趙寿玉先生とチュムパンの会のメンバー5名の出演情報です。

金玉星先生が企画の公演に出演することになりました。

タイトル:2018(5th)ASIA国際芸術団 朝日文化交流

日時:2018年5月22日(火) 開場:19時 開演:19時30分

   

開場、開演時間が変更になりました。    開場 18時30分   開演 19時

会場:YMCAアジア青少年センター

住所:東京都千代田区猿楽町2-5-5

料金:子供たちの未来のために善意の寄付をお願いします。

主催:AISA国際芸術団

後援:いなば保育園 愛のスキャットセンター

Img6115_2

Img6116


直前で申し訳ありませんが、ぜひお越しください。

Yunote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の僧舞に感激‼️

今年は残暑をあまり感じる前から秋に突入している気がします。今日は9月22日に渋谷の文化総合センターの伝承ホールの公演についてご報告します。


この公演は日韓伝統芸術公演「流」〜日韓の伝統芸術の源流を訪ねると読んで分かりますように韓国舞踊と日本舞踊を正しく交互に観れるという、観客にとっては一つの公演でニつの公演を観たと同じという贅沢な公演です。

この度、趙寿玉先生はリサイタル以来の僧舞を踊られるのでもう待ちにまっており、仕事もお休みして馳せ参じました。韓国からお見えになった先生の舞はチャンダンの刻み方がとても粋で足捌きは見入ってしまいました。また日本舞踊は伝統舞と創作舞の両方が演目として上がっていましたが、キレと見せ方のカタがとても決まっていました。

さてタイトルにも書きました寿玉先生の僧舞ですが、口音で粛々と始まり、いつもと違う音色に戸惑いつつも先生の全身から出るチャンダンの刻みに違和感もあっという間に忘れてしまいました。そして太鼓の中盤にかかると迫力と、楽師との掛け合いの太鼓の響きが舞台から違う空間に飛躍した錯覚を受けました。この感想は実はゲネの時に感じたもので、では本番はと思いますよね。本番はもっと昇天してしまいましたlovelyゲネでも本番でもどんなに激しい踊りでも涼しいお顔は神々しく見えました。天にも昇る心地とはこの時と言わざるを得ません。

今回はゲネの画像を。










こうして書いているとまたいつ僧舞を観れるのだろうと思います。
これから本格的に芸術の秋ですが、寿玉先生のご出演の公演も目白押しです。次の機会を逃すことのありませんように。

R.Y🍀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【お知らせ】2017年9月、10月公演

夏から秋に移る時期となりました。秋といえば芸術の秋ですheart02秋の夜長を芸術に浸ってみるのもいかがでしょう?

本日は趙寿玉先生、ご出演の公演をご紹介いたします。

⚫️日韓伝統芸術公演「流」〜日韓の伝統芸術の源流を訪ねる
開催日時:2017年9月22日(金)開場 18:30 開演19:00
開催場所:渋谷区文化総合センター大和田6階「伝承ホール」
演目:僧舞(趙寿玉)
前売り:3,000円、当日:3,500円 全席自由
チケット予約、問い合わせ:
チュムパンの会事務局
(090-6312-7156)









⚫️日韓☆最高の音と踊りの響き いのち、生きる、いのり〜日本JAZZの名人たちと韓国伝統踊りの名人!〜Super コラボレーション‼︎
開催日時:2017年10月19日(木)
10月20日(金)開場 19:00 開演19:30
開催場所:ASPIAホール(京王新線幡ヶ谷駅北口徒歩2分)
前売り:6,000円、当日:7,000円 全席自由
チケット予約、お問い合わせ:
チュムパンの会事務局
(090-6312-7156)








チケットには限りがございます。お早めにチケットをお手元にご準備くださいsmile

R.Y

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国KOUSで昇天舞 再び❣️

暑い日が続いていますがいかがお過ごしですか?昨日まで韓国に行って来ました。韓国は日本より暑いと思っていましたが、行った日は雨で寒いくらい😳次の日は曇りで暑さが来たと思っていましたが、日本に帰って来たら蒸し暑くしんどいこと!
前置きが長くなりましたが、今回の渡韓は趙寿玉先生のご出演された公演を観に行って来ましたlovely



劇場KOUS


今回の公演のポスターが入り口で鎮座していましたhappy01

名古屋のノレパンの結成30周年を記念した公演の演目は仮面舞、鶴舞、太鼓舞、ノンゲサルプリ舞、キョバンクッコリ舞、、。続く続くの盛り沢山の演目の贅沢な公演でした。その中で趙寿玉先生は昇天舞を踊られました。








こちらはリハーサル風景の画像です。
この度昇天舞は4月の韓国でお披露目から二度目となります。初回も観れて今回も観れた光栄な機会に幸せです。

昇天していく意味合いよりも、この地を鎮め浄化されていく様をより感じました。母の慈悲、慈愛をチジョン(紙錢)の振りに感じ、先生の表現に遣る瀬無さと希望も感じられ、前回とも違う印象を受けました。きっとこれからも進化し続ける舞なのだろうと思います🤔
この公演では著名な方や舞踊家も多く観劇しており、一般の観客の目もとても肥えている方々ばかりでした。

今回はチュムパンの会からも先生の公演を観に沢山行き、本場の舞台とそれを支えるスタッフや観客を肌で感じられる機会は、何物にも変えがたい経験となりました。

これからも韓国で進化し続ける昇天舞。日本でもお披露目の機会があることを楽しみにしています。その時も絶対に見逃さないでいたいです。

この貴重な体験と経験を発表会にも生かしたいものです。踊りたくてウズウズしますね😜

R.Y☘️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧